BLOG

田園風景に映える大屋根の木の家

自転車も余裕で置ける広々玄関。畳スペースを含めて35畳あるLDKはとても開放的です。子供たちの様子や、会話を大切にしたいという思いから、階段はあえてリビングの中心に配置。2階のフリースペース部分は将来的に壁を作って1つ部屋が作れるように設計しました。高気密高断熱の実現により、

3世代をむすぶ、温もりの木の家

大家族でともに暮らすアイデアを盛り込んだ懐かしいのに新しい日本の住まい。LDK・和室・階段・開放的な吹き抜け、すべてがつながる大空間で3世代が木の温もりを贅沢に満喫しながら、季節の移り変わりを感じる癒しの快適空間に仕上げました。和室はすべての扉が納められ、LDKと一体となることで

TOP